ライバーになろうと思う人は増える理由

ライバーになろうと思う人は増える理由

最近話題の職業にもなっているライバー。それになろうとしている人は急増しています。どうして注目されるようになったのでしょうか?

もちろん通信技術の発達やスマホのカメラの発達により、誰でも手軽に配信を行えるようになったという現実もあるかもしれません。

ではどうしてライバーをしようとしている人が増えているのかその事情を説明します。

ライバーが増えてきた理由

ライバーが増えてきた理由は基本的に大きな理由としてあるのは儲かる、つまり仕事になるということがわかったからです。

ライバーになれるようにプラットホームが充実してきたというのも背景としてあるでしょう。そういったライバーの収入はほぼ視聴者から頂いています。

前述した通りにスマホがあれば誰でも出来るというのも手軽さもあります。しかし、ただ儲かるからといって一般的人が増えてきたということもありません。

参入してきた人々

副業としてライバーをやろうとしている人々も多いです。大きくあげるとするのなら会社員であったり主婦、そして学生などがあります。

要するに本業がしっかりとしている人たちになりますね。実はこういった人々以外に切実な思いで参入している人々がいます。

それはミュージシャンや劇団員といった芸能関係や水商売などといった夜の商売をしている人々です。

実はこれらの職業をしている方は会社員と違いコロナの影響を直撃してしまっています。開こうとして公演が中止や延期になってしまった、お店が一時休業となってしまったということもあり、一気に収入が減ってしまったということもあり、何か稼げる方法がないかと探した結果、自身の知名度を活かしたライバーという職業を選んで生活をするようになりました。

コロナをきっかけで新しく稼げるようになったことを理解してどんどん参入しています。これからも稼げるならとさらに新規の方たちが参入してくるのは間違いなしです。

ライバーが増えるということのまとめ

市場が活性化するということはいいことです。しかし、そうするとライバー同士でどうしても稼げるライバー、稼げないライバーとわかれていくことになります。

そうすると他者と差別化しないといけません。そんなところに知恵を貸してくれるのはライバープロデューサーです。

やはりいきなり初めてみて出来る方は中々いません。ある程度参入者が増えているのならよりガイドラインが必要となります。

ライバーが増える限りライバープロデューサーの仕事がなくならないでしょう。

TOPページを見る