投げ銭の意味はどういうこと?

投げ銭の意味はどういうこと?

ライバーの大きな収入となる投げ銭とは一体どういうシステムなのでしょうか。もともとは、路上での大道芸やミュージシャンのパフォーマンスに対して、おひねりやチップを投げ入れる行為を指す言葉です

もしかしたらギターケースを目の前で音楽を披露しているストリートミュージシャンなんて見た方もいるかもしれませんね。

それがネット時代になってオンラインになり、ライバーたちが生活できるようになりました。さらに詳しく見ていきましょう。

投げ銭をするという行為

ネットで言う投げ銭というのはネット上のコンテンツ、多くはライブ配信に対して視聴者がオンラインで送金することのことを言います。

ユーチューバーのように、動画上で広告を配信して、それが配信者の収益になるシステムがあります。

投げ銭の場合は、コンテンツに対してリアルタイムでお金を送金でき、それが配信者の利益になる点がポイントと言えるので、支援や応援の気持ちをより直接表現できるのが特徴です。

投げ銭が出来るようになった理由

投げ銭には、動画配信サービスに付属した投げ銭機能を利用します(機能名はサービスによってなります)や、投げ銭機能に特化したWebサービスやアプリを用います。

これらは、投げ銭プラットフォームと総称されることもあります。現在、投げ銭プラットフォームは多数存在しており、プラットフォームによって、リーチしやすいユーザー層や得意とするコンテンツが微妙に異なります。そのためライバープロデューサーの知識が必要となるわけですね。

投げ銭を行う方法ですが、基本は視聴者がプラットフォームにクレジットカードなどの支払い手段を登録し、そこから引き落とされる形となっています。

視聴者から投じられた投げ銭のうち、何割かが投げ銭プラットフォーム側に入り、残りが配信者の収入になります。ですので投げ銭がまるまる配信者の収益となるわけではありません。

視聴者の気持ちを形で表現する投げ銭

投げ銭全体の傾向として、配信されるコンテンツに対して純粋に対価を払うというよりは、「支える」「応援する」という性格が強いと言えるでしょう。

こういう現象がどうして起こるのかというと双方向が持ち味のライブ配信は不思議と居心地のよさや面白さを感じてくるものがあります。

まったく新しいエンターテイメントとしてこれからも配信者と視聴者をつなぐ絆として投げ銭は進化していくことは確実なはずです。

TOPページを見る